ヨガを極める⑧

ハタヨガによる身体の変容

人類は進化していかなければなりません。もし文明が進化に沿って構築されなければ、人類は災害、死、そして絶滅に直面するでしょう。進化は否定されるべきではありません。

宇宙におけるすべては進化しています。創造のあらゆる部分で変容があり、また人間の身体も変化していきます。変容は科学的な事実で、哲学や信仰ではありません。それは進化の道で、人生に意味を与えてくれます。この身体は、物質としての実態のすべての分子に影響する変容のプロセスを経験します。

人々は、物質がその究極の形態においてエネルギーだと認識し始めました。この理解のもと、身体とは何なのか、そしてこの変容がどのくらい影響を及ぼすのかを再度分析し定義しなおす必要があります。身体は軽粒子に変化できるのでしょうか?このことを信仰もしくは信念ではなく、科学として考えるべきです。

もしこの身体が変容の状態を経験することができるなら、その方法は何か?その答えがハタヨガです。ハタヨガのプロセスを通して身体はとても微細にそして純粋に、年齢や病気の影響を受けないヨガの身体に変容します。

ハタヨガは、この身体におけるプロセスを始めるために訓練されます。そしてお互いに影響し合うプラーナと心の力が変容していきます。偉大なチャレンジが人類に開かれています。もし物質が究極の形態においてエネルギーなら、この身体はハタヨガの6つの浄化技術の体系的な訓練を通して変化していくでしょう。その後、アーサナ、プラーナーヤーマ、ムドラー、そしてバンダを訓練すべきです。

 

ハタヨガによる性格の変容

もしヨガのアーサナを行うなら、それが身体、心、もしくは精神など、どのような目的でも、システムに従わなければなりません。これは調和のとれた身体と心の構造の開発を可能にします。

もしヨガが肉体的な問題のために行われるなら、それは疑いなく助けになります。しかしそれがすべてではありません。身体が癒されると同時に、それは心、感情、行為やフィーリングのような性質の様々な面に影響を及ぼします。

アーサナは身体だけに影響をあたえるものでは決してありません。その影響ははるかに大きく、生理学的構造だけに制限されません。プラーナーヤーマは心、感情、そして知性に作用します。プラチャーハーラ、ダーラナ、そしてディヤーナは心だけでなく身体にもまた影響を及ぼします。

心と身体は統合されたもので、それらを分けることはできません。もしそれが分けられたなら存在が消滅します。人間の性質の完全な開発はヨガの目的のひとつです。そしてアーサナの訓練が、その達成のために行われます。

ヨガにおける変化への恐れ

ヨガの大きな欠点は、それが人々を教養のある人間に変え、動物的な本能へ戻らせないことです。したがって、人々はヨガを恐れれることがあります。

それにも関わらず、ヨーロッパやアメリカで、有名な俳優、歌手、芸術家などがヨガに強い興味を持つ、ヨガの大きな中心地があります。時代がとても速く変化しており、ヨガは生活の一部として受け入れられています。