ヨガを極める②

ハタヨガの重要性

ハタヨガは孤立したものではなく、ラージャヨガ、カルマヨガ、バクティヨガ、ジュナーナヨガなどとともにあります。ハタヨガとラージャヨガとの関係は特に強く、ハタヨガはラージャヨガのために必要不可欠な準備を提供します。

<Point1>
”現在、様々な名称のヨガが多くあり、どれが本当のヨガなのか混乱してしまいます。ヨガを理解するうえで、まず押さえておきたいのが、ラージャヨガ、カルマヨガ、バクティヨガ、そしてジュナーナヨガです。これら4つが伝統的な意味でヨガであると考えます。”

”世界中で幅広く実践されているハタヨガはこの中に入っていません。伝統的な意味で言えば、ハタヨガはヨガの中心的なものではないようです。しかし、実際にはハタヨガは非常に大切です。その理由の1つが、4つのヨガの中で最も重要なヨガであるラージャヨガとの関係にあります。ヨガの道において、ハタヨガとラージャヨガの関係は、私たちヨガの実践者にとって、とてつもなく大きな意味を持ちます。”

 

現在はアーサナ(ポーズ)を中心としたヨガが広く行われているため、多くの方が誤解していますが、本来のヨガはハタヨガではなく、ラージャヨガです。様々なヨガの名称はありますが、ヨガと単に言った場合それはラージャヨガのことを指します。

そして、これはハタヨガが重要でないと言っているわけではありません。実は本来のヨガであるラージャヨガよりもハタヨガは重要だと言うこともできます。

なぜならラージャヨガは難しくヨガの初心者がすぐにできるものではありません。したがって、まずはハタヨガの訓練を行い、ある程度身体が強く柔軟になった後にラージャヨガの道へと進んでいきます。このプロセスがとても大切です。

ハタヨガは、ラージャヨガの準備として非常に重要なヨガです。

ハタヨガがヨガだと思っている人は、いつまでたっても本来のヨガの道に進むことはできません。またラージャヨガがヨガだと理解していても、ハタヨガの重要性を理解していなければ、同様に本来のヨガの道を進むことができません。

<Point2>
”ハタヨガがなぜ重要なのかと言えば、ヨガの中で最も重要であるラージャヨガの準備になるからです。ラージャヨガは心を中心としたヨガで、心の科学とも呼ばれます。それはKing of Yogaと呼ばれ、様々なヨガの中でも一番大切です。しかし、それは多くの人にとって非常に難しいヨガなのです。ヨガの初心者がいきなりラージャヨガを実践しようとしても、ほとんどの方が挫折してしまいます。そして、そのような状況の中、開発されたのがハタヨガです。”


”それはヨガ初心者でも実践するのが簡単なものです。誰もが容易にでき、そして美容や健康にも良いといことで、ハタヨガは世界中に広まりました。結果として、現在、多くの人が誤解していて、ハタヨガがヨガとして知られています。ハタヨガはラージャヨガの準備として重要ですが、本来のヨガはラージャヨガです。このことをしっかり理解しておかないと、いつまでたってもヨガを理解することができません。”

ハタヨガを人生の一部分として適用すれば、肉体だけでなく、エネルギー、そして心に素晴らしい効果が期待できます。ハタヨガは一般的にアーサナの訓練だと考えられていますが、そこにはより深遠な目的があります。ハタヨガは、身体を制御し、心を導くエネルギーを調和させます。

<Point1>
”ハタヨガの訓練で多くの人が間違っているのは、ハタヨガで重視するのはアーサナ(ポーズ)だと考えていることです。様々なアーサナを行っていくことがハタヨガだと勘違いしています。また、高度なアーサナを習得することがハタヨガの目的だと勘違いしています。”

”ハタヨガの目的は身体ではありません。ハタヨガで重視するのは身体よりもプラーナです。したがって、ハタヨガで最も重要な訓練はアーサナではなく、プラーナーヤーマ(調気)です。ハタヨガにおいて、アーサナ、様々なポーズは、あくまでも準備です。高度なアーサナを習得する意味はありません。基本的なアーサナを習得すれば、次にプラーナーヤーマの訓練を段階的に行っていきます。”

ハタヨガは、心と身体のすべての働きに関係するプラーナのシステムを調整することができます。これにより、心は自動的に調整され、同時に高次の状態に達します。

プラーナのシステムを調整するのに重要な技術がプラーナーヤーマです。プラーナーヤーマの訓練を行い、プラーナが調整されれば心は自然に良い状態になっていきます。

ハタヨガでは直接的に心へアプローチしようとしません。プラーナを重視し、プラーナから心へとアプローチしていきます。これがハタヨガの重要なシステムであり、素晴らしい点です。

<Point1>
”ハタヨガの考えで、ラージャヨガとの大きな違いであり、最も重要なのが、プラーナを制御することができれば、心は自動的に制御できるという点です。したがって、ハタヨガの実践で重視するのが、瞑想というよりもプラーナーヤーマになります。プラナーヤーマを実践することで、瞑想をするときと同じような意識の状態を確立していきます。”

 

ハタヨガでは、身体やプラーナのほうが、心を直接的に制御しようとするより簡単だと考えます。この意識を開発するための実用的な方法は、今日の刺激の多い、ストレス社会に住む私たちに適しています。現代社会に住む私たちはSNSなど日々多くの情報にさらされています。結果として、心が常に動かされ休まる時がありません。

このような環境でいかに心を制御することができるでしょうか?非常に難しいと言わざるを得ません。ハタヨガのシステムはこのような困難な環境においても、心を制御していく別の道を提供してくれます。

現代は豊かな社会になりましたが、常に心が刺激にさらされ、結果として病気になる人が減っていないようです。ハタヨガはこうした状況を変えてくれる現代人にとって素晴らしい技術を与えてくれます。

<Point2>
”現在社会に住む私たちにとって、ハタヨガは最も重要だと言えます。なぜなら現代のような刺激が多い、言い換えると、常に心が動かされ続ける社会では、直接心を制御することはとても難しいからです。ハタヨガは、直接心を制御しようとはせず、身体の浄化や身体を動かすことから始めます。結果として、現在人にとってハタヨガは比較的簡単に実践できる心へのアプローチ法になっています。”

ハタヨガは、様々な分野での成功に役立ちます。

ハタヨガの訓練により完全な肉体を手に入れることができます。ハタヨガによって健康と自己実現を達成できます。ハタヨガの訓練で、身体、心、そして精神的な強さを獲得し、ヒーローになることができます。

<Point1>
”ヨガにおいて、ハタヨガはあくまでも準備的なものですが、私たちにとっては素晴らしい効果を与えてくれます。健康と言った肉体的なものだけでなく、心の安定や精神的な強さといった内面においても効果を発揮します。ハタヨガの継続的な実践によって、人生の夢を実現する大きな助けになるでしょう。”

 

ただし、アーサナ(ポーズ)の訓練だけを行っていてはだめです。アーサナはあくまでも準備的な技術です。いくら難しいアーサナができたとしても、それはヨガではありません。ヨガ全体(ラージャヨガを含む)を理解し、正しくハタヨガを行うことが肝要です。

<Point2>
”ヨガの実践を通して、大きな果実を獲得するためには、それを正しく行うことが重要です。単に様々なポーズを行っているだけでは、決してその効果を得ることはできません。アーサナだけでなく、プラーナーヤーマを実践すること、さらにアーサナやプラーナーヤーマにおいて、そのプロセスに従って体系的に行っていくことが大切です。ヨガには細かい規則やルールがあります。熟達した本物のヨガインストラクターから直接指導を受け、本物のヨガを体験しましょう。”

Powered by 超美人ヨガ(AnandaYoga)
「King of Yoga(ヨガの王道)」
ここでしか学べないヨガがある!