ヨガを極める㉓

ヨガの支脈

ヨガの様々な形

現在、様々なヨガの名称、何々ヨガと言ったものがあり、何が本当のヨガなのか多くの人は混乱しているかもしれません。

ヨガにはたくさんの異なった道があります。しかし、それらのほとんどはヨガのいくつかの基本的な形のちょっとした変形です。これらの変形は各個人の気質や信念に合うようにデザインされた変化から生まれています。そして各個人は特有の性質を持っているので、各個人のために様々なヨガの道があると言われています。

しかし人々の性質は、誰もが感情や行動の傾向のような基本的な特徴で構成されているので、その違いよりも同じ部分が顕著です。これらの共通する部分ゆえに、ヨガはこれらの傾向のそれぞれを満たす道に分けられます。

私たちが知っているヨガは伝統的な意味では、果たしてヨガと呼べるかどうかは疑問が残ります。多くの人がよく耳にするホットヨガはヨガなのでしょうか?

ヨガの主な道は、マントラヨガ、クンダリーニヨガ、ラーヤヨガ、ハタヨガ、ラージャヨガ、パタンジャリヨガ、バクティヨガ、ディヤーナヨガ、スヴァラヨガ、カルマヨガ、クリヤーヨガ、ジャパヨガ、ジュナーナヨガです。しかし、ヨガの多くの変形は下記の5つの基本的なグループに分けることができます。

・ハタヨガ: 心、身体そしてプラーナを調和させる道

・ラージャヨガ: 内観の道

・ジュナーナヨガ: 探求の道

・カルマヨガ: 活動の道

・バクティヨガ: 献身の道

その他のヨガの道はこれら5つの項目の下位に置くことができます。

Yogaという言葉

Yogaという言葉は実際には何も意味しません。Yogaという言葉は科学、哲学、理論を示します。そしてヨガの多くの支脈があります。

ある人はハタヨガの訓練を行い、ある人はラージャヨガ、ある人はヨガの他の形を実践します。違ったグループがあり、違った組織があり、1つのヨガの部分を取り上げ、それを実践する違った先生がいます。

しかし、指が身体ではなく、目が身体ではなく、耳が身体全体ではないように、ハタヨガはヨガではありません。ラージャヨガはヨガではありません。クンダリーニヨガはヨガではありません。

それらすべてが身体を構成するように、ずべての様々なヨガがヨガ全体を完成します。

どのヨガの道が支持されるか

現代も様々なヨガが存在します。どのヨガが本当のヨガかどうかはあまり意味はありません。自分が信じる道を進めば良いのでしょう。しかし、ヨガの基本的な考え、ヨガとは何なのか、ヨガの全体像などを理解せずにヨガの道を歩むことはできません。富士山を登っているつもりが、実は高尾山を登っていたといったことが、ヨガでは多く見られます。あなたが行っているのは本当にヨガでしょうか?

様々なヨガがありますが、1つにはヨガの統合的なアプローチが支持されます。1つの面を強調するのではなく、完全を達成するために、すべての様々なヨガを取りいれます。

そのシステムではハタヨガの伝統的な訓練を通して肉体的な健康を促進します。心の安定や幸福はラージャヨガを通して進められます。マントラやバクティヨガを通して、精神的な障害が取り除かれ、健全な感情表現が促されます。クリヤーヨガやクンダリーニヨガの伝統的な訓練を通して、訓練者は自己発見の旅へと出発します。

ヨガの統合的な訓練を通して、自己発見の道を進んでいきます。ヨガを実践するにあたり、個人個人で様々な目的があります。しかし、ヨガの統合的なアプローチによりすべての目的は達成できるでしょう。