ヨガを極める㉙

進化のための訓練

クンダリーニの目覚め

クンダリーニは、ハタヨギーによって行われるプラーナーヤーマ、アーサナ、そしてムドラーによって、ラージャヨギーによる集中と心の鍛錬によって、バクタによる献身と完全な自己放棄によって、ジュナーニによる分析的な意思によって目覚めます。クンダリーニの目覚めとサハスラーラにおけるその結合はサマーディの状態をもたらします。クンダリーニの目覚めなくサマーディは不可能です。

選ばれた人は、上記方法のどれか1つで、クンダリーニの目覚めにとって十分です。多くの人は様々な方法を組み合わせなければなりません。これは精神的な道における訓練者の成長度合いによります。グルが訓練者の本当の位置を見つけ、短期間でクンダリーニを目覚めさせる適切な方法を示すでしょう。

これは医師がある病気の治療のために患者に適切な薬を処方するようなものです。1つの種類の薬では様々な患者の病気を治療できないでしょう。したがって、1つの種類の訓練が、すべての人に適切というわけではありません。

ヨガにおける超自然的な力

ハタヨギーは身体とプラーナから訓練を始めます。ラージャヨギーは心から始めます。そしてジュナーナヨギーは知性と意思から始めます。

ハタヨギーはプラーナとアパーナの結合によって超自然的な力を獲得します。ラージャヨギーはダーラナ、ディヤーナ、そしてサマーディの訓練によってそれを得ます。ジュナーナヨギーは純粋意思を通してそれを示します。バクタは自己放棄と結果として起こる恩寵を通してそれを獲得します。

集中はすべての訓練者にとって必要です。ハタヨギーとラージャヨギーは6つのチャクラに心を集中します。バクタは彼らの神に集中します。

ヨガの様々な訓練

身体の訓練のためにはハタヨガがあります。ハタヨガの訓練をするときには、その規則と規定を正確に知らなければなりません。

心の訓練をするためには、ラージャヨガを実践します。感情を流すためにはバクティヨガの訓練をしなければなりません。過剰な、もしくは言うことをきかない感情の流れは最も重要です。それに上手く対処しなければ、精神的な身体に不具合が生じるでしょう。精神的な身体を鍛えるためには、多くの困難を経験しなければなりません。

この精神的な身体を慣らすためには、訓練者は特別な人生を経験しなければなりません。ほんの少しの人だけが普通の生活でこの精神的な力を得ることができます。感情がバクティヨガによって、心がラージャヨガによって、そして身体がハタヨガによって飼いならされるように、精神的な身体はアシュラムヨガによって訓練されます。

ハタヨガにおける変容の印

ハタヨガの訓練をすると、身体の目に見える部分、空腹と渇き、排尿と排便、発汗の質もしくは臭い、脂肪蓄積に関係する身体の構造と他の代謝プロセス、声の質、思考と瞑想の質、そして眠りの質に変化があります。

他のヨガの形が訓練されるとき、その兆候はまた違います。

ヨガによる訓練者の進化

ハタヨガは、私たちをプラーナと心の2つの力の調和へと導きます。ラージャヨガは、私たちに心の分散する性質を管理する力を与えてくれます。クンダリーニヨガは私たちを精神的な目覚めへと導きます。クリヤーヨガは純粋意識の変更された状態を私たちに確立します。

このようにそれぞれのヨガは、特別な訓練による特定の目的を持ちます。ヨガは結合を目的としますが、ヨガのプロセスは人間の潜在力の具現化です。

ヨガのもう1つの重要な点は、ハタヨガ、ラージャヨガ、クリヤー、もしくはクンダリーニヨガであろうと、訓練が内的な経験へのドアを開けることです。内的な経験が人生において永続的になる必要があります。

ハタヨガにおける意識の拡大

ハタヨガは意識を拡大し自己を実現するために、その鍵としてプラーナを使います。あるヨガのシステムは心の浄化と集中、他には感情の浄化と流れ、そして知性の浄化と智慧の開発による自己実現を目的とします。

重要な生命力を高次へと導くたくさんの方法があります。ハタヨガはすべての人にとって最も実践的な手段によってそれを達成します。

心とプラーナの関係

最も重要なことは心について知ることです。第1に、心が止まるとき、プラーナが止まります。第2に、プラーナが止まると、心が止まります。第3に、感情を止め、そしてプラーナと心を制御します。これらの3つの方法がラージャヨガ、ハタヨガ、そしてバクティヨガです。

バクティの道において、感情が制御され、高次の自己へと導かれます。それによって心とプラーナが制御されます。ラージャヨガにおけるプラ―チャーハーラ、ヤマとニヤマ、そしてダーラナとディヤーナによって、心と意識の影響が制御されます。ハタヨガで、プラーナーヤーマ、クンバカ、バンダを訓練することでプラーナが制御されます。プラーナを制御することによって心は自動的に停止します。

1つの方法では十分ではないので、これら3つの方法を取り上げなければなりません。したがって訓練は組み合わされます。ハタヨガ、ラージャヨガ、そしてバクティヨガの統合された訓練が他のヨガと並んで取り入れられます。

すべてのヨガの究極の目的

努力もしくは力によって心を集中させることはできません。したがって、心の集中ではなく、スシュムナーをどのように目覚めさせるかが大切です

最初にスシュムナーを目覚めさせることによって、私たちはディヤーナそしてサマーディの状態に入ることができます。すべてのヨガはたった1つの目的、この第3の偉大なナディーを目覚めさせることに導かれます。