ヨガを極める㉗

ヨガの目的と効果

様々なヨガの目的

クンダリーニヨギーは喜びと自由の獲得を目指します。彼は世界において、そして世界を通して自由を獲得します。ジュナーナヨガは禁欲と自由の道です。ハタヨギーは鋼鉄のように強く、健康で、痛みのない身体を求めます。身体のマスターであるヨギーは生と死のマスターです。彼は生きる意思がある限り生きます。彼の死は意思によるものです。

ハタヨガの目的は何でしょう。プラーナと心の2つの力の調和です。そして、人間の感情を洗練することです。バクティヨガの目的はなんでしょう。感情の管理です。ラージャヨガの目的が心の管理であるように、バクティヨガの目的は人間の感情を管理することです。

クンダリーニヨガの目的はなんでしょう。到達しがたい精神的な性質にアクセスし、眠っている精神的な潜在力を目覚めさせることです。このようにそれぞれのヨガにはそれ自身の方向、目的があります。そしてヨガ訓練を通して、その目的が達成されます。

心の制御のためにヨガを行うとき、それはラージャヨガの訓練です。心と身体のエネルギーの調和のためにヨガを行うとき、それはハタヨガの訓練になります。行為や態度の結果から自由でいようとするとき、それはカルマヨガの目的になります。

ヨガの生活への適用

ヨガの訓練者として、それぞれの技術がどのように人生をよくするのかを理解することは重要です。ハタヨガ、ラージャヨガ、クリヤーヨガ、クンダリーニヨガ、そして他の様々なヨガによって、身体、感覚、感情、心、性質、そして性格のどの面が影響されるのかを知る必要があります。

これらのヨガの適用は智慧と理解をもって適切になされなければなりません。それぞれのシステムと技術の目的と効果の両方を知って、ヨガの訓練を行わなければなりません。

おのおののヨガは明確な目的をもち、私たちの性質の特定の面に関係しています。ハタヨガは身体の浄化、毒素の除去のためのものです。ラージャヨガは心、精神、そして感情的な緊張を管理し、葛藤や混乱を生み出す原因を知るためのものです。

クリヤーヨガは、身体、心、そして人生における調和を見つけるために、微細な力を目覚めさせるものです。クンダリーニヨガは生命の宇宙的な性質、意識と知覚の変換を経験するためのものです。

バクティヨガは、私たちの感情を理解し、そしてそれらを有益で、創造的なものにするのを助けます。カルマヨガは、私たちの活動を理解すること、活動の影響にたいしての免疫を開発することによって、私たちの活動の観察者になることです。

このように、ヨガのそれぞれの支脈は特別な目的、特定のゴールを持っています。しかし、それらはすべてヨガとして知られているものの部分です。ヨガは自己認識を増強し、自信を高める訓練を私たちに提供します。それは理解と理解のプロセスを深め、人生において素晴らしい面を見る力を強くし、人生に感謝し、人生における成就を経験する能力を高めます。

ハタヨガはヨガの大きな主題のほんの入り口です。ハタヨガ、ラージャヨガ、クリヤーヨガ、バクティヨガ、ジュナーナヨガ、カルマヨガは、それぞれ特有の目的を持ち、そしてそれらすべての目的が一緒に私たちを悟りへと導きます。それがヨガの最終的な目的です。

ヨガにおける心の制御

クリヤーヨガはタントラの伝統から派生した精神的な訓練で、心を扱うのが極めて難しい人を対象としています。ラージャヨガは心によって心を制御するシステムです。そしてハタヨガはプラーナを制御することで心を制御するシステムです。したがって、ハタヨガはラージャヨガと比べて比較的誰でも実践しやすいものとなっています。

心とプラーナは互いに影響し合っています。心が乱れているとき、プラーナのレベルが阻害されます。同じようにプラーナが乱れているなら、心もまた混乱します。しかしプラーナを制御する方が簡単なので、ハタヨガが多くの人に勧められます。

ヨガによる癒し

すべてのヨガには癒しの力があります。

バクティヨガの訓練は統合失調症の傾向を扱います。カルマヨガの訓練は抑圧、抑制、そしてコンプレックスを扱います。ジュナーナヨガは個人の間違った観念を扱います。ハタヨガの訓練はナディー、プラーナ、そして身体を扱います。クンダリーニヨガとクリヤーヨガは精神的な症状を扱います。

すべてのヨガが基本的に治療的な性質を持ちます。