ヨガを極める㉖

たくさんのヨガの道

どのようにヨガの道を決めるべきか

ヨガの訓練はすべて自制を目指したものです。

誰もが人生の性質と人生に大きく影響する他の主題について内観し、そして探求する傾向を持っています。同じように、誰もが感情的な傾向を持ち、そして継続的に1つの形からもう1つへと活動します。最後に、ほとんどの人が存在としてのプラーナの面を認識していませんが、誰もがプラニックボディと同様に心と肉体的な身体を持ちます。

ある人は他の人よりもより感情的で献身的です。それらの人にとってはバクティヨガの道が勧められます。ある人は決して静かにできません。彼らはいつも活動し、自分自身を表現しています。これらの人たちにはカルマヨガが主な道です。

ある人はより静かでより内省的です。彼らは人生に対する心の反応を観察する傾向にあります。ラージャヨガの道が勧められます。さらにある人は人生について強く探求する傾向があります。彼らは個人的な経験がなければ、いかなる答えも受け入れません。彼らはジュナーナヨガを訓練すべきです。

そしてより現実的で、心と身体の力を最もよい状態に調整すること、言い換えると健康と心の平安に関心がある人がいます。これらの人たちはハタヨガを訓練すべきです。

個人的な問題を解決するヨガ

肉体的な問題があるなら間違いなくハタヨガを実践すべきです。哲学的な問題があるならジュナーナヨガをすべきです。

あなたがどのような問題を持っているかによります。

もし肉体的もしくは心の不調があるなら、もしナディーがうまく機能していないなら、最初にハタヨガの訓練を行うべきです。そしてハタヨガはすべてのヨガの基礎になります。

ヨガとグナの影響

タマス的な性質の人は、まずはシャットカルマ、次にアーサナとプラーナーヤーマ、そしてプラ―チャーハーラとラージャヨガのシステムの訓練をすべきです。

タマス的な人は最初にヤマとニヤマを行うべきではありません。なぜならそうすると多くの問題を持つことになるからです。したがって、最初にハタヨガです。ハタヨガはタマス的な人に適した訓練です。

ラジャス的な人はカルマヨガが重要で、バクティヨガもまた適しています。

サトビックな人はどのヨガでもできます。

最も良いヨガは?

ヨガのすべてのシステムは尊重されなければなりません。同時に本来のヨガの目的を見失ってはいけません。

超越のヨガ、高次のヨガの話をするとき、ハタヨガは関係ないと言うことはできません。高次の精神や自己について話すとき、訓練は関係ないと言うべきではありません。ヨガの適切な形が訓練者の進化と心の制限の状態によって与えられるべきです。

身体が病んでいるなら、クリヤーヨガは必要ありません。ハタヨガが必要です。心が暴れまわる猿のようならプラーナーヤーマとマントラが役立ちます。感情的で、それを確認することができないときはバクティヨガが必要です。

人生と習慣を制御したいとき、ラージャヨガが答えです。魂の性質もしくは超意識の性質を分析したいとき、ジュナーナヨガがベストです。