ヨガを極める⑰

プラナマヤコーシャへの影響

クンダリーニの目覚めの過程において、訓練者はナディーを浄化するだけでなく、プラーナの量と質を高め、それを保存しなければなりません。

プラーナは脊柱に沿ってある6つの主な中心に蓄積されます。これらの中心は微細な身体に位置し、身体の神経叢に対応しています。微細な身体において、それらはチャクラとして知られています。

チャクラは円の動きもしくは車輪を意味します。プラーナの力と心の力はチャクラに集まり、そこでエネルギーの渦を作ります。
各チャクラは多くのナディーが接続する点です。身体には無数のチャクラが存在します。しかし7つの主要なものが人間の進化に特に関係しています。

現在、スシュムナーは眠っており、イダーとピンガラーが身体全体にエネルギーを供給しています。身体の器官やシステムはイダーとピンガラーと直接結びついています。

ムーラダーラとアジュナチャクラの間に、4つの合流点があります。これらの合流点からプラーナと心のエネルギーが身体の残りの部分へと分岐します。もしエネルギーの流れがよくても、結合点が適切に機能していなければ、エネルギーが身体全体に循環することはできません。したがって、ヨガの訓練を通して、イダーとピンガラーが浄化され、4つの結合点が適切に働くようにしなければなりません。

Hatha Yoga Pradipikaでは「不純物でいっぱいのすべてのナディーとチャクラが浄化された時、ヨギーはプラーナを保持することができる。」と述べられています。

ハタヨガを通して、これらのチャクラが影響され刺激され、障害が取り除かれます。各チャクラの影響は身体で感じられ、個人の行為において見られます。チャクラそれぞれにおけるエネルギーの正しい調和が非常に重要です。

チャクラとナディーの浄化は身体と心の健康、そしてクンダリーニの目覚めのための第一段階です。したがって、チャクラとナディーはクンダリーニの力を導くことができるように強化されなければなりません。

イダーとピンガラーナディ

この身体とその活動は、太陽と月のエネルギー、プラーナと心のエネルギーとして知られる、2つの異なったエネルギーによって維持されています。したがって、ハタヨガはこれら2つのプラーナと心のエネルギーを調和させるシステムもしくはそのプロセスを意味します。ハタヨガの訓練を通してプラーナと心を調和させていきます。

これはまた私たちの身体における心とプラーナの力は通常は不調和だということを示しています。普通に生活しているだけでは、2つの力が調和することはほとんどありません。もしこれら2つのエネルギーに調和がもたらされたなら、身体の構造に何か素晴らしいことが起こるでしょう。結果として、完全な健康を達成することも可能です。

イダーとピンガラーの原理はまた存在におけるプラーナと心のレベルに適用できます。それらは人間環境の2つの明確な力を表します。ある意味それらは肯定的な、そして否定的な面を示します。それら2つは、特別な精神的な通路を象徴するでけでなく、むしろプラーナと心の流れを意味します。

心と身体の病気

身体において2つの力がイダーとピンガラーを通して流れます。2つのエネルギーの間にはいつも不調和があります。このプラーナと心の力の不調和は一般的なものです。

ハタヨガの訓練はイダーとピンガラーの調和に関連します。プラーナの力が優勢で心の力が従属的になっているとき、身体の不調和があります。一方で、もし心の力が優勢でプラーナの力が従属的なら、心に関係する病気があります。これは身体精神と精神身体的な病気の定義です。

病気は心にだけ起因するのでなく身体からも起こります。身体は心の部分です。そして心は身体の部分です。心と身体は2つの異なった存在ではありません。それらは現れの異なった段階で、私たちはそれらを身体と心として知っています。しかし本質的にそれらは1つです。

心とプラーナの働きが調和していればヨガは速くスムーズになります。しかし、この調和はめったに起こりません。ほとんどの人で太陽もしくは月のエネルギーが優勢となります。したがって、これら2つを調和させるハタヨガの訓練がとても大切になります。