ヨガを極める74

瞑想の準備

ハタヨガと瞑想

瞑想の前に、ハタヨガの訓練をするメリットは何でしょうか

身体が浄化されると、瞑想は、はるかに深くなります。したがって、ヨガの訓練者は、身体の肉体面の浄化から始めなければなりません。

身体を浄化するために、まず行われるのがハタヨガの浄化システムであるシャットカルマです。それは、熟達した指導者から学ぶことができます。さらに、ハタヨガの訓練を続けていき、プラーナーヤーマの助けで、集中力の開発を行いましょう。

 

ヨガによる集中

ハタヨギーは、どのように集中の力を開発するでしょう。

プラーナーヤーマ、もしくは呼吸の制御は、サットヴァを包むラジャスとタマスの覆いを取り除きます。それは、ナディスを浄化します。それは、心を安定させ、したがって、集中に適した状態にします。

心の不純物は、プラーナーヤーマによって取り除かれます。ハタヨギーは、プラーナーヤーマを通して、そして制御された呼吸によって、集中しようとします。

ヨガの精神的な経験

ハタヨガは、どのように瞑想の間に起こりえる、精神的な経験の準備になるでしょう。

精神的な経験は、扱うのが難しいです。なぜなら、十分に訓練されていない場合、それらの経験の基礎になる身体や器官が、調和されていないからです。

瞑想の訓練をする多くの人たちは、精神的な経験をする段階に到達し、そして、それをどのように扱うかを知りません。時々、恐れがもぐりこみ、彼らが経験することが精神病ではないかと心配します。

したがって、彼らは、最初に、身体における2つの異なったエネルギーを調和させることなく、それらの経験を持たないように、ハタヨガに戻らなければなりません。

人々は、ハタヨガの訓練が好きで、それについて、もっと知りたいと考えます。ほとんどの人の質問は、ハタヨガについてです。
瞑想が重要ですが、アーサナ、プラーナーヤーマ、ムドラー、バンダ、そしてシャットカルマにおいてだけの質問があります。これらの質問から、人々が本当に必要とするものが明らかです。

ヨガと瞑想状態

ハタヨガは、どのように瞑想状態を導くでしょう。

ハタヨガは、自分自身の能力に合わせて訓練することができる偉大な科学です。すくなくとも数種類の技術が、毎日訓練されます。ほとんどの人にとって、シャットカルマ、アーサナ、そして、いくつかのプラーナーヤーマで十分です。

瞑想に関して、これら3つの準備的なものが、最初に訓練される必要があります。それから、もし必要ならさらに進めていきましょう。

もし準備が完成したなら、瞑想を誰から学ぶ必要もありません。プラーナーヤーマの訓練をしている間、心は、意識の新しい領域へと自然に引き上げられるでしょう。

 

瞑想の準備

なぜハタヨガは、瞑想の前に訓練されるのでしょう。

ラージャヨガにおいて、ダーラナーは6番目のステップです。その順番は、ヤマ、ニヤマ、アーサナ、プラーナーヤーマ、プラティアーハーラ、ダーラナー、ディアーナ、サマーディです。

時々、人々は6番目のステップのための準備をしません。彼らは、他の人が「集中はとても良い、あなたはそれをしなければならない。」と言うのを聞きます。したがって、彼らは、心、身体、哲学、そしてライフスタイルの準備をしないで、すぐに6番目のステップへジャンプします。

集中は、抽象的な訓練ではありません。集中するとき、生化学的な変化が身体に起こります。科学者たちは、ヨガの訓練の間に、そして、特に集中の訓練の間に、生化学的な変化が起こることを示しました。

したがって、集中の前に、プラーナーヤーマやプラティアーハーラのような他の訓練が、準備として必要です。集中の訓練をしようとする前に、ハタヨガの助けで、まずは身体を浄化しましょう。

Powered by 超美人ヨガ(AnandaYoga)
「King of Yoga(ヨガの王道)」
ここでしか学べないヨガがある!