ヨガを極める56

ヨガと宇宙の心

プラーナと最高の存在

プラーナは、どのように私たちを最高の存在へと結びつけるのでしょう。プラーナは、心と関係しており、心を通して意志、意志を通して個人の魂、そして最高の存在へとつながります。

もし心を通して働くプラーナの小さな波を、どのように制御するかを知ったなら、宇宙のプラーナを支配する秘密が分かります。この秘密の知識に精通するヨギーは、宇宙における力のすべての現れを支配するので、いかなる力も恐れることがなくなります。

 

宇宙の心、宇宙のプラーナと個人の自己

宇宙の心は、すべての心の総計です。個人の心は、宇宙の心と結びついています。宇宙の心、超意識的な心、無限の心は、すべて同じ言葉です。異なった著者が異なった言葉を使っています。混乱しないようにしましょう。

それは、また宇宙のプラーナです。それは、宇宙の発電所に相当します。そこからの力が、個人へと流れていきます。

ヨガにおける意識の統合

知るもの、知ること、そして知られるという3つの状態がひとつの経験として合流するとき、心の集中が起こり、そしてそれが宇宙意識の状態になります。3つの知覚が存在する一方で、個人の心があります。

3つの状態すべては、意識のひとつの状態から合流します。知るものは主体で、知られるが対象です。そして、知ることは、2つの間のつながりです。主体と対象の経験が、ひとつの区別されない経験になるとき、意識の統合が起こります。

この世界のすべては、心の出現です。心が、心の無い状態に達するとき、二重性が無くなります。すべての知られる対象が捨てられ、心は没入もしくは消えていきます。心が霧散するとき、本当の自由がそこにあります。

プラーナーヤーマの過程

呼吸で始まり結果的に自由を導く、プラーナーヤーマの過程が重要視されます。プラーナーヤーマの訓練は、身体の要素を使います。一方で、この面だけに制限された訓練者は、プラーナーヤーマの巨大な範囲を理解し損なうでしょう。

プラーナーヤーマは、単に呼吸の科学ではなく、宇宙エネルギー、宇宙の心、時間、空間、そして物質の科学です。それは、宇宙を維持するプラニックエネルギーを通して、存在の様々なレベルで再分配されるシステムです。

個人の心と宇宙のエネルギー

個人の心のエネルギーは、宇宙のエネルギーと結びつくことができるでしょうか。

心は、感覚をとおして経験を生み出す微細な力、もしくはエネルギーです。心の微細な力は、anuの形ですべてに存在します。心の質と性質はanuとvibhuの両方です。

Anuは極小の、含まれる、そして限定される、vibhuはつながれる、拡張的な、そして広いを意味します。anuの形の心は、身体の中に含まれます。それは、身体の中の特定の場所でありません。それは、すべての感覚器官と感覚的な経験の部分です。それは、あなたが何かを見るときの、視覚に含まれます。それは聴覚に含まれます。それは味覚に含まれます。それは触覚に含まれます。すべての感覚器官が、心と結びつています。おのおのの、そしてすべての身体の部分が心とつながっています。

心の第2の面はvibhuで、身体を越えた連結です。聖人や賢者たちは、心のより高い質がvibhuだと断言します。あなたは気づいていなくても、すべての心がつながっています。Anuの制限を越えることができたとき、vibhuの心と結びつきます。Vibhuの心の表現は、ヨギーと覚者の生活で見られます。

ヨギーは、すべての心が相互につながっていると主張します。あなたの心と私の心はつながっています。しかし、あなたはそれに気づいていません。もし、私がその結びつきに意識的になることができたなら、そのとき私は、あなたの心で起こっていることを知ることができます。もし、あなたがあなたの結びつきに気づくようになれば、私の心に起こっていることを知るでしょう。

それは、間違った音が入らないようラジオをチューニングするように、心をチューニングするようなものです。それは、継続的な訓練を通して達成されます。

通常の生活では、anuの心が働いています。スピリチュアルな生活では、vibhuの心が活動しており、宇宙と心がつながっています。Anuの心が、vibhuの心へと変換されなければなりません。

Anuの心は、あなた自身の生活に関連し、あなた自身の欲望やニーズを生み出します。その性質は利己的です。しかし、心がvibhuになるとき、その性質が包括的になります。心の本質はエネルギーで、エネルギーはエネルギーとつながる傾向があるので、それは、自分自身だけでなく他の人ともつながります。

 

心と精神のエネルギー

心のエネルギーはどのように精神のエネルギーとつながるのでしょう。集中した心が達成された後、内的な自己との同一化が行われます。

内的な性質との、その意識との同一化はディヤーナ、瞑想として知られています。ディヤーナにおいて、心はとても微細になり、そのエネルギーは精神のエネルギーとひとつになります。

非物質との連絡

非物質面において、どのように交信がおこなわれるのでしょう。

自然において、同じエネルギーと精神が創造のすべての面に流れています。ひとつの生命の力と他の生命の力の間の連絡は、心、知性もしくは言葉ではなく、考えや感覚を通してのものです。多くの人が、言葉ではないコミュニケーションを経験しています。

身体は物質、感覚は物質の表現です。しかし、心、考え、感じ、感情、そして精神は、すべてエネルギーです。交信は、エネルギーの領域で、非物質面で起こります。


Powered by 超美人ヨガ(AnandaYoga)
「King of Yoga(ヨガの王道)」
ここでしか学べないヨガがある!