ヨガを極める④

なぜハタヨガを行うべきか?

ヨガは自己修養の完全に実践的なシステムです。ヨガは実践的なものであるがゆえに、その理論や知識を蓄えるだけではほとんど意味がありません。ヨガは実践が100%といっても過言ではありません。

ヨガの訓練により身体や心などの調和的な開発を達成します。ポイントは身体だけでなく、心も含まれている部分です。すでに何度も見てきた通り、身体はあくまでも準備的なもので、本当の目的は心にあります。

ヨガの知識やそれは科学で、聖者たちによって使われたヨガ訓練のシステムです。それは健康、長寿、強さ、そして活力を得るための実践的な方法を与えてくれます。ヨガは道徳性、集中、そして様々な精神的なパワーを引き出すのを助けます。

ヨガと言うと、その哲学的な部分は一見なにかの宗教かと感じられるかもしれません。確かにそういった一面もあります。しかし覚えておかなければいけないこと、それはヨガは科学だということです。例えば、ラージャヨガは心の科学と呼ばれることもあります。

ヨガの目的は身体ではありませんんが、ヨガの訓練によって健康になります。健康になることはヨガにおいても非常に重要です。健康無くしてどのように生きることができるでしょうか。健康でなくてどのようにヨガの道で成功できるでしょうか。ハタヨガの訓練で健康になりましょう!

さらにヨガの実践において、健康になるためにヨガを行うのではなく、より高い目標、本来のヨガの目標を持って訓練を続けることが重要です。そうすることで健康を目的にするよりも、より健康になれます。

健康になろうとしないほうが健康になれます。これは私たちの心に関係することで、心とは何か、心や心の作用にはどのような特徴があるのかを理解すれば、その答えが分かります。

シャットカルマ

元々、ハタヨガには、netidhautibastinaulikapalbhati、そしてtratakaという6つの技術だけがありました。これらはシャットカルマとして知られている浄化技術です。後に、アーサナやプラーナーヤマといった訓練が徐々に組み入れられました。したがって、ハタヨガはシャットカルマから始まったと考えることができます。言い換えるとハタヨガは浄化の技術となります。

シャットカルマの目的は、身体と脳、脳と心、心と精神の完全な調和を生み出すことです。それはラージャヨガの最終的な訓練に必要な準備となります。ハタヨガのシステムではシャットカルマが最初に来て、その後アーサナ、プラーナーヤーマと続きます。したがって、シャットカルマはアーサナとプラーナーヤーマの準備と考えることができます。

ヨガによる自己実現

ただ健康のため、身体を整えるためにハタヨガの訓練を行う人は、正しい意図でこの科学を使っていないので、ラージャヨガの道で進歩することはありません。彼らは統合された意識からの内的喜びを得ることはできません。訓練者はナディス、プラーナ、そして心への繊細な影響を知らなければなりません。身体はあくまでも準備で、それを目的にしてはいけません。目的はプラーナそして心というより微細なレベルにあります。

ヨガにおける自己実現には必要なことがあります。最初は、身体に蓄積した毒素の除去です。次に、アーサナの訓練で柔軟で強い身体を獲得します。プラナーヤーマの訓練で軽い身体になります。プラチャーハーラの訓練で忍耐力を養います。ディヤーナを通して直接的な知覚を開発します。最後は、サマーディにより人生のあらゆる出来事に対して動かない態度を達成します。

ハタヨガと健康

ハタヨガは通常アーサナ(ポーズ)の訓練だと考えられることがあります。しかし、それにはより深い目的があります。ハタヨガは身体を制御し、心を導くエネルギーを調整し、管理します。多くの方がハタヨガは身体の訓練だと考えていますが、それは心と非常に密接に関係するプラーナの調整と制御を重視します。

身体を見た時、そこにはエネルギーを見ることはできません。しかし私たちは単なる身体(肉体)だけの存在ではありません。私たちはより微細な身体をまとっています。

ヨガでは、Annamaya kosha、Pranamaya kosha、Manomaya kosha、Vijnanamaya kosha、そしてAnandamaya koshaという5つの身体があると考えます。Annamaya koshaが最も粗大で、Anandamaya koshaが最も微細なレベルです。

ハタヨガは特に身体、プラーナ、そして心における障害を取り除くことで身体の完全な健康を達成します。